やじーのブログ

IT業界でもりもり働きまくる→寿退職!→夫婦で世界一周→東京で無職なう٩(๑❛ᴗ❛๑)۶いんたーねっつ、えいが、まんが、ほん、などなど二次元のものが好きです

人生最多36個の生牡蠣を激安で食べた話@サンフランシスコ

わたくし、無類の牡蠣好きでございまして、旅中も牡蠣に対するモチベーションはかなり高く持っておりました。

特に牡蠣の原産地として有名なフランス、アイルランドなどではきっと日本より安くておいしい牡蠣が食べられるんだろーな!(((o(*゚▽゚*)o)))とワクワクしていたものですが、結論としては日本以外で牡蠣を食べるのに値段対効果が最も高かった国は、アメリカでした。。。衝撃!物価の問題もありつつ、アメリカの牡蠣プレートは安い!美味い!早い!(?)という感じで素晴らしかったのです。というわけで本日は、アメリカでの牡蠣体験についてだらりとご紹介致します〜٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

ベイブリッジを眺めながら1個1ドルの牡蠣を頬張るハッピーアワー

Water Bar

フェリービルディングから少し歩いた海沿いにあるこのレストランからは、綺麗なベイブリッジが見えて眺めも最高!

f:id:y_a_j_i:20150221055455j:plain

この牡蠣レストラン、なんと毎日平日の11時〜17時半はハッピーアワーで、生牡蠣が1個1ドルになるのです!!!ハッピーすぎる!!!!!

ハッピーアワー中は、ビール・ワイン・シャンパン・カクテルが各一種ずつお安くなっており、大体5ドル前後で飲めるものが用意されています。(個人的には牡蠣に一番合うお酒はワインではなく日本酒だと思っているのですが、ここのワインはちゃんと牡蠣に合うものがセレクトされてて美味しかった。やるじゃん!)

ままま、まずは喉が渇いていたのでビールを一杯♡

f:id:y_a_j_i:20150221055457j:plain

続いて、とりあえず旦那さまと二人で各1ダースずつの生牡蠣を注文。

f:id:y_a_j_i:20150221055459j:plain
フォトジェニック……!
 
少し塩気は強めなのですが、レモンか備え付けのお酢っぽいソースを添えるとさっぱり。後味は磯の香りが濃厚で、たまらん…♡
 
続いてもう1ダース注文。(写真は撮り忘れ)
 
牡蠣ってこんなにたくさん食べられるんだなーというのは新たな発見でした。飽きない。食べても食べても飽きない!むしろもっとたべたくなる!!お酒もすすむすすむ!!!いえーい!!!たのしい!!!!!!!

 

少しお腹を落ち着かせようということで焼き牡蠣にもトライ。こちらは、4個で12ドルなので普通価格。
f:id:y_a_j_i:20150221055501j:plain
小ぶりですが、添えられたブロッコリーソースが優しくて、ジューシーで、はふはふ♡
 
でもやっぱり生牡蠣だわ…ということで生牡蠣1ダースアゲイン。。。
 
結局ふたりで合わせて52個の牡蠣を頬張り、お会計は飲み物合わせて100ドルほどでした。コスパ最強すぎた。
何より、昼間から陽射しを浴びながら青空と真っ白なベイブリッジを見て、ちょっとお酒を飲んでいい気持ちになりながらバクバク牡蠣を食べるという体験がスペシャルすぎる!ハッピーすぎる!!(二回目)
 
本当に東京でもこんなに安く大量の生牡蠣を食べられるところなどないので、サンフランシスコに来て平日余裕がある方はぜひ!全力でおすすめします!ギラデリチョコレートとか買っている場合ではないですよ!!!
 

おまけ

ちなみにここ以外でも、アメリカでは安く牡蠣を美味しく食べられるレストランはたくさんありました。

Hog Island Oyster Co
私は直接いけなかったのですが、フェリービルディングの中にある人気の牡蠣屋さん。こちらも月木の夕方にやはりハッピーアワーがある模様。1個1.5$だそうですが、こちらの方が牡蠣がクリーミーで日本人にはウケが良いそうな。
場所が便利すぎていつ行っても混雑しているのが玉に瑕なのですが、致し方なし。次回サンフランシスコに来る際は必ず行く!!!!

Pappadeaux Seafood Kitchen

こちらはサンフランシスコから少し離れてヒューストンのお店。ヒューストンといえばTEX-MEXですが、ここPappadeauxはTEX-MEX料理で最も人気のチェーンレストランです。メキシコの移民がすごーく多いヒューストンならではで、シーフードが新鮮で、本当に美味しい。

f:id:y_a_j_i:20150221193311j:plain

こちらのレストランも前菜として生牡蠣を提供していて、1ダースが14$という破格のお値段で味もとってもとってもおいしかったです。

f:id:y_a_j_i:20150221193344j:plain

牡蠣の味だけで行ったら、むしろサンフランシスコのお店よりこちらの方がレベルは高かったかも?
ただ唯一びっくりしたのは、牡蠣のシーズニングのひとつにケチャップが…。さすがアメリカ様やで!!!!/(^o^)\
(そっと見ないふりをしていた私を横目に、旦那さまが果敢にもチャレンジして討ち死にしておりました。。。。)


ひとつ言えることは、牡蠣は何も付けない OR レモン汁のみ OR ポン酢が一番ですのでそこのところどうぞよろしくお願いいたします。

 

今後もコスパの良い牡蠣レストランを世界中で発掘して行きてゆきたい所存です。おしまい!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶