やじーのブログ

IT業界でもりもり働きまくる→寿退職!→夫婦で世界一周→東京で無職なう٩(๑❛ᴗ❛๑)۶いんたーねっつ、えいが、まんが、ほん、などなど二次元のものが好きです

TOEICは教えてくれない、日常英会話のざっくり学習法

世界一周から帰ってきてよく聞かれる事のひとつが、英語の学習方法です。

 

今の私の英語力はといいますと、オンラインの英会話テストで大体Intermediate(中級)くらいです。中級というと、一般生活で必要な英語レベルで、多少文法的に間違えることはあるけど、まあ50〜80%くらいは伝わるし相手が言っていることも理解することができるよねー、くらいです。(こんな記事を書いておいて、大したことなくてすみません…)

ちなみに旅行前は、大学の時に2ヶ月だけアイルランド留学したのを除き、家で英語の勉強をした事は大学受験以来一回もありません。もちろんTOEICも五年以上受けていません!!!だって途中で眠くなっちゃうんだもん/(^o^)\

旅がはじまってからはやっと危機感から勉強をしはじめ、1ヶ月だけセブ島留学に立ち寄り、欧米圏ではAirbnbでホストとよく会話をしました。特別な訓練を受けたのはセブ島での1ヶ月だけです。アイルランド留学も含めて三ヶ月の留学期間というのは決して長い方では無いと思うのですが、旅の途中で少し考え方を変え、勉強方法を変えただけで、突然効率的に会話力を身につけることが出来ました。(某通信販売風)

 

というわけで、昔勉強した以来英語はさっぱり、というビギナーの人で、「別にTOEICで点取らなきゃいけないわけじゃないけど、とりあえず旅先でそこそこ外国人とコミュニケーション取れるくらいには話せるようになりたいよ」という方向けにオススメの英語学習法を、振り返りも兼ねて簡単にまとめようと思います。

短期留学前の人には特にオススメですが、留学せずともレアジョブやスキマトーク、OKパンダなど、今は便利なサービスがいっぱいあるので、日本で勉強したいという方も是非読んでみてください!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 

ざっくり日常英会話学習法の考え方

まず英語を勉強するときに日本人が陥りやすい罠が、「まずは完璧な文法を身につけないと!」「次はある程度ボキャブラリーを身につけないと!」とインプット重視になりがちなことです。漠然と、それからじゃないと話したり書いたり読んだりできないと思っている。

もちろん最低限の文法、最低限のボキャブラリーは必要ですが、最初から高みを目指しすぎるといつまでたっても話せません。

100%のインプットから10%を発話としてチョイ出しだしするよりも、いかに簡単に30%のインプットから20%の発話を絞り出すか、というのが本エントリの肝になります。

そのためにまず徹底して気をつけるべきは、日本語を英語に翻訳するのをやめること。まず一度小学生に戻った気持ちで、自分が使える構文とボキャブラリーだけで、いかに自分が言いたいことをリアルタイムに英作文するか、という訓練をしましょう

1)まず、会話に必要な超基礎文法のみを復習する

全ての文法を復習していたら時間がかかり過ぎます。なので、本当に会話にクリティカルに必要なポイントだけおさらいします。下記は優先順位順です。

  1. 時制(過去完了等はここでは不要。現在/過去/未来だけは最低限きちんと!)
  2. 文型(SVO/主語述語目的語等の関係性をしっかりと理解できるまで)
  3. 助動詞(can,should,may,mustなど基本的な助動詞はやはりよく使います)
  4. 前置詞(for, from, to, belowなど前置詞の使い方はしっかり抑えましょう)

文法は今はインターネットでも調べれば簡単に出てくるけど、英文法の本は一冊手元に置いて本質的に理解する&何度でも手元でふりかえるのをおすすめします。


教科書としては、やっぱりド定番のForestをオススメしたい!わかりやすい!

総合英語Forest 7th Edition

総合英語Forest 7th Edition

 

 

2)高速で英語の短文を作る練習をする

とりあえず上記の文法を身に付ければ、超簡単な英作文は出来るようになります。「朝8時に起きました」とか「 来週京都に行きます」とかその程度。

突然発話するのは少しハードルが高いので、まずはテキストメッセージができるようになるのを目指します。

自分で教科書を使って勉強するのは得意だぜ!という方はこちらのシリーズがおすすめ。タイトル通り、瞬間英作文をスキマ時間に勉強できておすすめです。

そういうの続かないわー(#゚Д゚)教科書とかめまいがするわー(#゚Д゚)というタイプは、こちら↓のサービスがおすすめ!(今まだiPhoneしか対応していないそうですが…)

OKpanda

f:id:y_a_j_i:20150312123934p:plain

英語を勉強する為の様々なアクティビティを含んだサービスなのですが、特にこのチャットサービスが素晴らしい。ネイティブとLINE形式で会話できるので、英作文の瞬発力はかなり身につきます。変な言い回しをしたらそっと修正してくれるのも魅力。
これはこの後可能な限り続けてみてください。


英語がそこそこ出来る友達がいればその人にお願いしてしばらくLINEやFacebookメッセージのやりとりを英語にしてもらうなんていうのもいいですね!

3)自信がついたら、一度アウトプットしてみましょう

留学中の方はネイティブ・スピーカーに、日本にいる方はレアジョブスキマトークなどのオンライン英会話サービスを使って、とりあえず話しかけてみましょう。

びっっっっっっくりするくらい言葉が出てこないと思います★

あれ、チャットならあんなに話せるようになったのに、口だと出てこない!!!!なんで!?!?!?と大変つらい思いをすると思いますが、その悔しさや恥ずかしさが今後のバネや工夫の元になるので、精神が保てるギリギリのところまで追い詰められてください٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

4)「話しやすいセンテンスの流れ」を身につける

人それぞれ、するっと口から出やすい構文、使い勝手の良い英文があります。まずその必殺★得意技を身につけて、慣れてしまいましょう。

まず英語を話そうとすると書くのに比べて途端に難しくなるのは、話しながら時制とか三単現とかややこしいことを考えながら話さないといけないからです。なので、私はそれを回避できる文章からどんどん身につけていきました。

おすすめその1:IT構文

It's difficult for me to speak to girls. (女の子に話しかけるのは私には難しい)

It is 形容詞+(for 人)+to〜というアレです。もうね、IT構文大好き。楽。
(↑これけっこう日本人の中級レベルの人には共感してもらえるんですけど!)


日本人って意外と形容詞のボキャブラリは豊富なんですよね。カタカナ語があるから。
そこでIt’s~でさっくり結論や感想を述べたあとで、何したんだっけというのをtoでおまけのように付け足しちゃえば良い。toのあとは原型で良いからあんまり脳みそつかわない!便利!

おすすめその2:疑問文+疑問詞(5W1H)

疑問文もですね、やはり、動詞が原型でよくなるんです!!!(どんだけいやなんだ)

そしてやはり、5W1Hはここらでしっかりと身につけた方がよいです。

Where can I catch a taxi?(どこでタクシーを拾えますか)
How long do you stay here?(どれくらいここに滞在しているんですか)

などなど、何かを聞こうと思った時にぱっとどの疑問詞を使うのかは出てくるようになりましょう。疑問文が使えるようになると途端に会話のキャッチボールがしやすくなるし、相手に喋らせられるので間も持つし、いいこと尽くしです。

おすすめその3:とりあえず文型を完結させることを意識する

もう一つは、とりあえずさっさとSVOやSVCを完結させるのを意識すること。
結局難しいのは変化する動詞の部分なので、難しい部分はさっと言い切ってしまって、後ろからおまけをちょろちょろ繋げていけばいいんだ〜と気づくと、意外と簡単に長文も話せるようになります。

 

「実は、5年前、一人でアイルランドで2ヶ月ほど英語を勉強していたんですよ〜」
的なことを言いたい場合、前後の細かい部分をぐちゃぐちゃ考えてえーとえーとってならずに、まず

I studied English
を抽出する訓練をしてください。主語が誰で、動詞とその時制はなんなのかだけを集中して考えて出しきる。(SVOの場合は目的語までね、もちろん)

そこまで言い切れば、あとはおしりに「in Ireland」とか「5 years ago」「alone」といったおまけ部分(副詞節)を考えながら付け加えることができます。後半は少し詰まったとしても、内容にクリティカルな部分ではないので、たどたどしくなっても聞いている相手は混乱しにくいです。

本当に何度も繰り返しますが、とにかく難しいことを言おうとせずに、自分が持っている構文・ボキャブラリーでいかに言いたいことをまとめるか、というスキルをここでは身につけてください。

 

ちなみに、そういったコンセプトで話しやすい構文をまとめた本もいくつか出ており、大変オススメです。↓こちら今29%OFF!!!!!

 ↓こちらはなんとセールで199円。

 

おすすめその4:余裕が出てきたら副詞をたくさん覚えておしりを長くしていく

おすすめその3でも書いた通り、おしりにくっつけるだけの副詞は楽ちん便利!
頭につけて、時間稼ぎをすることもできます。(せこい)
Actually, Honestly, Finally, Unfortunatelyなどなど、ネイティブも多用する表現を使いはじめるとテンションも上がってきます↑↑٩(๑❛ᴗ❛๑)۶↑↑

5)ひたすらアウトプット!トレーニング!

ここまで来たらあとはもう訓練あるのみ!英会話に魂をぶつけまくりましょう!
打ちのめされども打ちのめされども、③で学んだことを意識して、努力!!!!!!

会話中に、どうしてもこれはこの英単語が無いと説明できなかったな!って単語やフレーズがあった時はこっそりメモして、あとで調べて覚えましょう。

あとこの段階で細かい文法の間違いを指摘してくる先生がいたら、「今はとりあえず話せるようになりたいから、細かい指摘はしないで!あとで直して!」とお願いしてもいいかも。

6)表現の肉付けをする 

ここから、さらに肉付けをする為に、再び文法の復習に戻ります。

  1. 関係代名詞
  2. 不定詞
  3. 受け身
  4. 接続詞
  5. 仮定法

1〜3は形が違うだけで、何かしらの名詞・代名詞をちょっとゴージャスに修飾する表現です。
これまでに身につけた得意技の流れは崩さずに、主語や目的語にほんのちょっとだけこれらを付け足してみるだけで、突然こなれた英語に!
でもこれ、会話で使おうとするとやっぱりちょっと難しくします。訓練あるのみです。

4,5は少し毛色が変わりますが、これまでワンセンテンスをしっかり学んできたので、ここらで接続詞や仮定法を学んで、すこーしずつ会話を長め長めにしていくのも良いチャレンジかと思います。2文以上のセンテンスを使いこなせるようにステップアップです。

7)慣れてきたら、「正確性」も身につけていく

ここまではとにかく「発話すること」「なんとかかんとか何かを伝えること」を主に目指してきているので、けっこう細かいところがめちゃくちゃのはずです。

  1. 過去完了・過去進行形など少し複雑な時制も使って、より具体的な時制表現を
  2. 冠詞・前置詞・間投詞・可算名詞と不可算名詞、などなどのさらに細かいルールを覚えましょう。everyとallの違いやwholeとallの違いなど。

ここまで来たら、こちらのテキストがおすすめ。
ささいな表現の正誤を学べて大変勉強になるし、たくさん良いフレーズがあるのでボキャブラリーにも役立ちます。

Practical English Usage

Practical English Usage

 

 そしてこの頃には、留学先・レアジョブ等でも、先生に間違いを指摘してくれるようにお願いしてみましょう。急激に指摘が増えてストレスがたまるかもしれませんが、指摘してもらえる贅沢な環境をいかすべきです!

8)インプットを増やしていく

ここまでくると、ごくごく簡単な話はペラペラ話せるようになるし、そうなると英語も楽しくなってくるので、インプットを増やしていけばレベルが上がっていくこと間違いなし。最初に述べた30%を、50%に、70%にしていきましょう!

私もまだまだボキャブラリーが貧困だなーというのが一番大きな課題だと自覚しているので、耳や目からいかに英単語や頻出フレーズを吸収するかというのが昨今のテーマです。

 

リスニングにおすすめの教材

リスニングもやはりトレーニングあるのみなので、自分が楽しく積極的にやりたいと思うものに限るべきです。

★ドラマ好きなアナタはHuluの英語音声&英語字幕法がおすすめ

英語学習はHuluで楽しく続けられるよ | Cloud on a sunny day

いま注目の英語学習法!Huluで海外ドラマを観ながら英語力アップ - NAVER まとめ

 

★アニメ好きなら英語吹き替えの日本アニメを

Watch English Dubbed Anime And Cartoon Online

ディズニーアニメやジブリアニメを借りてきて英語音声&英語字幕で見るのもおすすめ。こども向けだから語彙も少ないし、ストーリーを予め知っていると理解のハードルがぐっと下がります。

 

★通勤時に気軽に学びたい人はPodcastやラジオも

本気でおすすめのネイティブ英語が学べる教材 - r1ccha's Blog

 

★短い時間でさくさく学びたい人はYouTuberの英会話教室!

1日5分!英語力をコツコツ上げるYoutube動画シリーズ10選 | 趣味百科

 

リーディングにおすすめの教材


★リーディングに慣れるにはダントツでおすすめのニュースアプリ

英語ニュースアプリ「ポリグロッツ」はリーディングに最適! | 留学知るならStudyHub

様々なジャンルの記事があるのでとりあえず興味のある記事を読んで見るだけでもとっても面白い!慣れてきたらハフィントン・ポスト:http://www.huffingtonpost.com/なんかも覗きに行ってみましょう。

★日本のニュースを英語で読める

国内(日本)のニュースを英語で読めるサイト | 英語上達の道標 ENGLISH QUEST Group(内容がわかってて読むのでぐっとハードルが下がります)

 

★まじめな記事ばかりだと眠たくなる人にはこんな技も
4chan(海外版2ちゃんねる。日本のアニメなどが話題になっているのでけっこう楽しく読めちゃう)


★海外のTripAdviser・Yelp・Wikiトラベル等で行ってみたい観光地の英語レビューを眺める

Barcelona Tourism: Best of Barcelona, Spain - TripAdvisor

Yelp | Search Businesses In San Francisco

Tokyo travel guide - Wikitravel

行ってみたい国だと楽しいし、けっこう使われている語彙が限定されているので、トラベル英会話の語彙を増やすのにもおすすめです。自分の国について英語で読むのも楽しい。

 

ざっとそんなところでしょうか。

全部書いてみると思ったより長くなってしまいましたが、実際どれも一日にほんの10分から1時間でもあれば出来るようなことばかりです。
あとですね、どんなにがんばっても、やっぱりネイティブと同じスピードでは話せないし、100%はリスニングも理解できないし、ボキャブラリーも増やしても増やしてもまだ足りませんでもまあそんなもんなのかな、と割りきっちゃうのが英語と長く付き合うコツだと思います。

無理せず、長く楽しく続ける為にも、少しでも多く英語スピーカーと会話が成り立つように、アウトプットを増やして行けますように!

自信がついたら、日本で迷っている訪日旅行客に道案内してあげるだけでもとってもとっても喜ばれますよ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

良い英語生活を!

おまけ

ちなみに「英語が話せれば世界一周なんとかなる?」というのもよく聞かれるのですが、大体なんとかなるかなーと思います。南米やロシアなど、いくつかの国はまっっっったく通じないのでそれはそれで準備が必要ですが。。。

でもやはり英語が話せたおかげで旅先でたくさんの友人も出来たので、折角行くなら勉強をしてからor勉強をしながらの旅がオススメです。アジアはじまりでセブ島留学からの世界一周、とってもよかったですよ(^o^)